シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それって眼精疲労かも?疲れ目を放置していると大変なことに・・・。

パソコンやスマホの使い過ぎで疲れ目が生じていませんか?

現代人に多い悩みの一つですよね。睡眠を取って翌日になればある程度は回復するため、多少の疲れ目は放置してしまっていると言う人も多いのではないでしょうか?

そして疲れがだんだんととれなくなってきていませんか?

そんなあなたは、もしかしたら「眼精疲労」によって、
疲労が目に蓄積されてしまっているかもしれません!

眼精疲労とは?どんな症状?

眼精疲労というワード、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

目薬のCMなんかでもお馴染みですよね。目を酷使することで疲労が蓄積し、目や体に凝りや痛みなどを引き起こす症状のことを言います。

ただの疲れ目とは異なり、目や体にまで様々な症状が出てくるのが特徴です。

ただ疲れを感じるだけでなく、充血して痛みを伴ったり涙が出やすくなったりと、人によって症状は様々で、視界がぼやけたり目がしょぼしょぼすると訴える人もいます。

そしてみなさんがあれ?おかしいな?と感じ出すタイミングでもある、体の疲労を伴うという点については肩こりや体のだるさを感じたり、酷い時にはめまいや吐き気を催すなんてことも…。

こうなってしまうと、生活にも大きな支障をきたしてしまうためはやめの対策が大切なのです!!

眼精疲労の原因は何なの?

人の目は何故、疲れるのでしょうか?
それを知るためにも、まず人間の目の構造を紹介します!

人間の目の中には、カメラと同じように、対象のピントを合わせるための機能が備わっています。

その機能を調整するためには、目の中の筋肉である「毛様体筋」を動かさなくてはなりません。この筋肉を使い過ぎることで筋肉の緊張状態が続いてしまい、疲れ目を引き起こしているのです。もちろん乾燥なども原因になるため一概には言えませんが・・・。

そして筋肉は加齢によって衰えるため、歳を重ねるほどリスクが生じると言われています。

「毛様体筋」の使い過ぎは目の酷使以外にも、眼鏡やコンタクトレンズのピントが合っていないことが原因になっているケースもあります。

度数の合わないレンズをつけていると、目で無理やりピント調整しようと筋肉が働くので、結果として眼精疲労に繋がるのです。

眼精疲労の治療方法や対策は?

まずは何よりも、目をじっくりと休ませてあげることが大切です。夜更かしはなるべく控えて、十分な睡眠を取るようにしましょう。

10~30分程度のお昼寝も効果的です。仕事などでパソコンに集中する場合、適度な休憩を挟みながら、目のストレッチなどで緊張をほぐしてあげましょう。

それから、普段使っているパソコンやスマホの使用環境も見直してみましょう。

まず、部屋の明るさは適切でしょうか?
暗いところで明るい画面を見ると目に大きな負担がかかります。適度な明るさを保った部屋で使用するようにしましょう。

画面の「輝度」にも配慮が必要です。
近年で話題になっている「ブルーライト」などの影響もあるので、適切な輝度が設定されているか確認しておきましょう。他にも、パソコンを置いてある位置を調整したり、目の乾燥を抑えるために加湿器を導入するのも効果的です。

人それぞれ眼精疲労の度合いは違いますが、疲れ目を感じだしたなら、それが慢性的になってしまう前に対策をしておきましょう!

まとめ

疲れ目が生じると目薬に頼りっきりになってしまいがちですよね…。

でも、疲れ目になった原因を探って改善することが何よりも大切です。

疲労が蓄積すればするほど状況はますます悪化し、体にも様々な影響を及ぼしてしまいますよ!

症状が出たら放っておくのではなく、早めの改善を試みましょう!

広告
めにゅー