シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんっていつから物が見える?赤ちゃんの見え方って?

子育て中のママにとって、赤ちゃんの発育状況ってとっても気になるものですよね。

中でも“目”の発達って、すごく気になりませんか?

自分たちの顔をどのくらい認識しているのか、視力はどのくらいなのか…。親目線からは中々分かりづらいものです。

赤ちゃんの目の見え方は一体、どうなっているのでしょうか?

赤ちゃんはいつ頃から物が見えるようになるの?

赤ちゃんは生まれてから何カ月くらいで、どのくらいの見え方に育つようになるのでしょうか。

まず、生まれたばかりである新生児の頃は視界がほとんど見えていないと言われています。視力で言うと0.01くらいで、輪郭がぼやけて物体を捉えきることができません。キョロキョロしていることがあっても、色や物体を見分けられている訳ではないんですね。唯一、明るさに関しては適度に認識できるそうです。

生後4カ月ほどになると、ようやく周りがやんわりと認識できるようになります。視力の方は0.05~0.1に達しないくらいに成長し、手やおもちゃの動きにも反応しやすくなるでしょう。色も少しずつ判別できるようになり、目の基礎機能が徐々に備わっていきます。

生まれてから半年も経てば視力は0.1付近になり、“視力があまり優れない大人レベル”の見え方になります。つまり、この頃からはもう目の機能をしっかりと活かして、物や人を区別できるようになる可能性が高いです。家族の顔も覚えられるようになるので、コミュニケーションも楽しくなってくる頃ですね!

1歳になれば視力が0.2を超え、そこからはグングンと見え方が良くなり、3歳頃には1.0に到達するという赤ちゃんが多いようです。

赤ちゃんの目と脳の関係はどうなってるの?

よく、幼い頃に見た景色を覚えている人とそうでない人がいたりしますよね。

あなたは、赤ちゃんの頃に見た景色を思い出せますか?なかなか思い出せないという方も多いでしょう。

目で見たものって目にインプットされる訳ではなく、脳に記憶として残りますよね。つまり、見た物を判断する“脳”の機能が小さい頃に発達していなければ、記憶は残りにくいのです。

赤ちゃんの頃の記憶を覚えている人は、脳が早期に発達していたと考えられます。様々な物を見て違いを学んでいる赤ちゃんは、後になっても記憶にも残りやすくなるんですね。

赤ちゃんの目を順調に発達させるには

子どもの目は自然に育っていきますが、環境によっては正常に発達しないこともあります。確実に健やかな目に育ってもらうためには、ママたちのサポートが欠かせません!

視力が極端に低い頃は見え方が悪く、息が吹きかかるくらい近付かなければ人や物は見えません。スキンシップをはかる際には、思いっきり顔やおもちゃを近付けて見える位置にしてあげましょう。視力が上がるにつれて、なるべくたくさんの種類を見せてあげるようにしてください。

そうすることで脳の神経に刺激が加わり、記憶力や集中力が高まります。いわゆる“経験”が増えることで、人や物を判別する能力が上がって脳の発達も期待できるそうです。

色を教えてあげることも効果的です。ブロックや車のおもちゃを手に取って、色の名前をゆっくり伝えましょう。日頃から同じ色のものばかり与えるのではなく、豊富な色をあたりに散りばめておくのがポイントです。

まとめ

赤ちゃんは、生まれてしばらくは視界がはっきりしないものの、すぐにママの顔を覚えらレベルに目が成長します。

成長時期と視力の度合いを覚え、その時期にあった接し方を心掛けて発育をサポートしましょう。

そうすることで、健康的な良い目に育つようになるようですね。

広告
めにゅー