シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンやスマホを見る時は注意!目への影響とは!?

現代人にとって、パソコンやスマホは切っても切り離せない身近な存在となっていますが、これらに依存し過ぎてしまってはいないでしょうか?

パソコンやスマホは目に悪いと言われるように、科学的にも様々な悪影響を及ぼすことが少しずつ分かっています。具体的には、どんな影響があるのでしょうか。

目に悪影響を与える「ブルーライト」とは

今みなさんはまさに、パソコンやスマホからこの記事を見ていらっしゃるかと思います。

この時、「ブルーライト」という光が目に入っていることはご存知でしょうか?「ブルーライトカットメガネ」などの商品で名前を聞いた事のある人も多いでしょう。

ブルーライトというのは、可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光のため、目への負荷が大きく、様々な健康被害をもたらす可能性があります。

実はブルーライトは陽や電灯の光にも含まれていますが、私たちが普段使っている電子機器の画面からも一定量のブルーライトが発せられています。

そして近年ではLED照明、LEDディスプレイの普及によりブルーライトを浴びる機会が増えてしまっているため、注意が叫ばれています。

ブルーライトを浴び続けるとどうなるの?

それでは、具体的な影響について見ていきましょう。

ブルーライトは読んで字のごとく「青い光」なのですが、人間の目で見える光の中でも“波長が短い”という特性を持っています。波長が短いと目の中で光が散乱しやすいため、まぶしさを余計に感じやすくなってしまうそうです。

肌や目に悪いことでも知られる紫外線も波長が短いという同じような特徴をもっています!紫外線をイメージすれば、短い波長の光がどれだけ強い影響を与えているのか分かりやすいでしょう。

目はまぶしさを覚えると、自然と光の量を調整しようとします。乱れた波長によって何度も瞳孔を開いたり閉じたりするので、目の筋肉が酷使されて目の疲れを引き起してしまうのです。

他にも目の中で重要なはたらきをする網膜など、目の奥の器官にまで入り込んでダメージを与える危険性も。

網膜が損傷すると「加齢性黄斑変性症」などの病気につながることもあるようです。

ブルーライト対策3選

ブルーライトの具体的な影響について知ると恐ろしい存在のように見えて来ますが、きちんと対策をすれば大丈夫です!

1.とにかく休息!

まず、パソコンやスマホの画面から目を離す時間をしっかりと作るようにしましょう。休憩する時もパソコンの前で休むのではなく、パソコンから離れなるべく光の少ない暗めの場所で目を閉じておくことが大切です。

2.輝度を下げる

設定で画面の明るさ(輝度)を下げるのも大きな効果があります。画面の明るさ設定をいじったことがない方にとっては非常に効果的な対策となるでしょう。目に疲れを感じる時や長時間作業を行う際には、光の量を減らしておけば効果が実感できるはずです!

3.ブルーライトカットメガネ

また、ブルーライトを軽減させる「ブルーライトカットメガネ」を使うのも一つの方法です。安いものでは1,000円くらいから購入できます。メガネ屋さんだけでなく、家電量販店なんかでも売られています!

まとめ

今やサラリーマンや学生、主婦などのあらゆる層の人達がパソコンやスマホを活用する時代です。

本来ならば当たり前のようにブルーライトを目に入れている現状を警戒しなければなりません。

ブルーライトはまだ研究途中で具体的な目への影響ははっきりとしていませんが、遮断することで大きな効果があることは分かっています。

仕事などで長時間パソコンに向き合わなければならない場合などには、しっかりと対策をして自分の目を守りましょう。

広告
めにゅー