シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結膜炎ってうつるの?そもそもどんな病気なの?

世の中には、インフルエンザや食中毒など、周囲の人に感染する病気がたくさんありますね。
水虫なんかは感染症の中でも、身近で有名なものの一つですね。

今回はそんな感染症の中でも目の感染症、「結膜炎」について紹介していきます!

いや、結膜炎とか有名だし普通に知ってるわ!って人でも、
しっかりとした知識がないと知らない間に人に「結膜炎」をうつしてしまうかも!?

「結膜炎」とその症状について、知っておきましょう!

「結膜炎」とは!?結膜炎にも種類がある!

結膜とは主に、「あっかんべー」をした時に見える、まぶたの裏側についた膜のことを指します。

白眼の表面にもついています。細菌がこの膜に入り込んで炎症を起こす病気が「結膜炎」です。目やにが出やすくなり、赤く充血する特徴があります。

お医者さんに診てもらう時にも、まずは、あっかんべーで状態を確認を行う事が多いようです。結膜炎にはいくつか種類がありますが以下の症状が全てに共通しているそうです!

共通症状

・目やにが多く出る

・目のかゆみや違和感

・目の充血

・何もしていないのに涙が出る

なかなかきびしい症状が多そうですね・・・。
そして結膜炎の種類は、主に3つのタイプに分けられます。

結膜炎の3つの種類!

細菌性結膜炎

「黄色ぶどう球菌」などの細菌が入り込んで起こる「細菌性結膜炎」です。

黄色ぶどう球菌というのは、皮膚の感染症などでも知られているかなり身近な菌の1種です。うつることはほとんどなく治療も早いといわれています。

アレルギー性結膜炎

「アレルギー性結膜炎」は花粉やハウスダストに反応して起こる結膜炎です。

こちらは個人の体質が起因となっているので、感染の心配はありません。

ウイルス性結膜炎

主にうつる可能性があるのは、「ウイルス性結膜炎」です。名前からしてヤバそうですよね…。一体どんな症状なんでしょうか。

今回はこちらを重点的に紹介していきます!

人にうつる!?「ウイルス性結膜炎」の症状!

ウイルス性結膜炎は、様々な危険性の高いウイルスが目に入り炎症が起きる病気です。

主に人から人への感染によって発症します。かぜの症状で例えるなら“目のインフルエンザ”みたいなイメージを私はしています。笑

他の結膜炎と比べても炎症の度合いが酷く、眼球自体が真っ赤に見えてしまいます。何もしてないのに涙が出てきたり痛みを伴うこともあります。特に感染力が強く「学校感染症」に指定されるほど注意が必要な病気です!

個別の症状としては、以下の3つに分けられます。

急性出血性結膜炎

1つ目は、感染してからすぐに症状が出るけど、治療は比較的早く済む「急性出血性結膜炎」です。慢性的な症状はありませんが、症状が一気に来るので充血が酷く、感染もしやすいと言われています。ただし、感染する期間もそれだけ短いのが特徴です。

咽頭(いんとう)結膜炎

2つ目は、感染から数日後に症状が現れる「咽頭(いんとう)結膜炎」です。こちらは別名「プール熱」とも呼ばれていて、目に触れることの多いプールでよくうつることで知られています。他の症状と比較すると目の症状は軽いのですが、熱が出たりのどの痛みを伴うことがあります。

流行性角結膜炎

3つめは、1週間以上経過してから症状が出てくる「流行性角結膜炎」です。最も感染頻度の高い病気で、目がゴロゴロした感覚に襲われたり、痛みが出てくることもあります。小さな子どもが発症するリスクが高いので、子どもがいる家庭では特に注意が必要です。

ウイルス性結膜炎の治療方法は?

現在の医学では即効性のある治療薬はありません。
ひとまず、炎症が悪化することを抑えたり、感染を防ぐための処置が行われます。

自分でできるウイルス性結膜炎への対応としては、人にうつってしまう病気なので目を安静にして目には一切触れないようにすることが大切ですね。

涙を拭く際には使い切りのティッシュペーパーなどで軽く拭うのがよいでしょう。
癖で目に触れてしまう人も多いので、手を常に清潔に保っておくのがベストです。

時間をかければ自然に治っていくというイメージを持つ方も多く、重大な病気としてとらえる人もそこまで多くないのが現状・・・。
ですがうつされる人からすれば、『重病じゃないから』とうつされてしまってはたまったもんじゃありません。

感染源にならないよう十分に気をつけて過ごしましょう!

まとめ

自然に治る病気とはいえ、私生活に大きな影響をもたらす目の症状の一つです。

もし自分が周囲に広める原因になったとしたら…、とんでもない罪悪感を抱くことになってしまいますよね。

症状が出たら学校や会社に通う前に、すぐに眼科に行くようにしましょう。

自分のことだけではなく周りの人に迷惑をかけないようにして、治療していけると良いですね。

広告
めにゅー