シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトをつけると視力が下がるって本当?使用上の注意点とは?

コンタクトレンズを普段からつけているというそこのあなた!

きちんと正しく扱えている自信はありますか?

便利で使いやすいコンタクトも、

使い方を一歩間違えると視力が下がることだってあるんですよ!

いま一度、コンタクトの取扱い方法について正しい知識を身に付けておきましょう。

どうしてコンタクトレンズで視力が下がるの?

コンタクトやメガネを着用するだけで視力が下がる…そんな噂話を、誰しも一度は小耳に挟んだことがあるのではないでしょうか。都市伝説のように受け取る方もいるかもしれませんが、しっかりと根拠のある話なんです。

私たちの目には、物体をうまく捉えるためにピントを合わせる機能があります。これを手助けしてくれる道具こそが、コンタクトやメガネなんですね。でも、この度数が合っていないと目に大きな負担がかかります。特に、遠くのものを見る度数で近くのものを見続けるケース。このような場合が続くと、目は「これ以上負担をかけられない!」と視力を下げてしまうんです!

また、目はピントを合わせるために「毛様体筋」という専用の筋肉を動かしています。この筋肉を動かさない状態が続くことで筋肉が緊張して硬くなってしまい、酸素も送られにくくなります。そうすると、正しくピントを調節できなくなって視力が下がるんです。

メガネよりも視力が下がりやすい!?

メガネから利便性の高いコンタクトに変えた、という人は多いでしょう。しかし、いくつかの理由からコンタクトはメガネ以上に視力が下がると言われているようです。

コンタクトって目に直接くっつけて使いますよね。目に異物が入る形になるので、潤いを保つ機能や酸素を運ぶ基本的な機能が少なからず低下してしまいます。

すると、目を覆っている「角膜」が正常に働かなくなり、徐々に視力の低下を招いてしまうそうです。さらに、汚れや菌がついている場合には炎症を引き起こすなどして、視力を落としてしまうことも考えられます。

また、メガネはすぐにつけ外しができますが、コンタクトは気軽に外すことができません。同じピントを保った状態が続きやすいので、上で説明したように「毛様体筋」が硬くなり、視力低下につながる可能性が高くなります。

コンタクトレンズを使う際の注意点!

コンタクトは正しく使ってさえいれば、視力を簡単に下げることはありません。いくつかのポイントに注意して使用しましょう。

まずは大前提ですが、度が合わないレンズは絶対に使わないようにしてください!目がピントを合わせるのに苦労し、悲鳴を上げてしまいます!

視力を悪くするだけでなく目の疲れ(眼精疲労)を招く恐れもあるので、最も注意しておきたい点です。目が疲れやすいな…と感じるようになったら、すぐに眼科で度数を変えてもらいましょう。

また、コンタクトは日中つけっぱなしなりがちですが、長時間つけたままにしないよう注意してください。定期的に外して、目の筋肉をリラックスさせるイメージで休息を取るのがポイントです。軽く休ませた後はピントを変える意識で、遠くの場所を眺めましょう。

それから基本的な部分ですが、寝る際にコンタクトを外すのを忘れないように気を付けましょう。目がダメージを受けて、最悪の場合は失明することもあります!視力が下がるどころの話ではなくなってしまうので、習慣化が必須です。

まとめ

コンタクトはメガネのように見た目を変えない、

視界が広くなるといったメリットがあって、とっても便利なアイテムですよね。

でもその裏には視力を下げるなど、リスクが潜んでいることは忘れてはいけません!

目に負担をかけない使い方を心掛けて、

コンタクトと上手に付き合っていけるようになりましょう。

広告
めにゅー