シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の良い人の見え方、悪い人の見え方の違い

目の悪い人は色々と不便なことが多いですよね。

「温泉に入る時は、一応メガネを持っていきます…まあ、曇って見えないけど」
「メガネで出かける時は、だいたいのカンで化粧をします」
「夜中に災害で避難しないといけない時に困るので、メガネは枕元に置いて寝ます」

など筆者の周りにも嘆いている人が多いです。
今回は目の良い人の見え方と悪い人の見え方を解説していきます。

目の良い人の見え方

目の良い人の見え方は、近視や遠視に対して正視と言います。

目の角膜から入った光は、水晶体を通り眼球の奥の網膜に映し出されます。この時、カメラのレンズと似た働きをするのが水晶体ですが、カメラよりもはるかに優れた仕組みなのです!というのは水晶体は毛様体という筋肉の働きによって、自在に厚みを変えることができる柔軟性をもっているのです。

近くを見る時は水晶体が厚くなり、遠くを見る時は薄くなって、光の屈折率を変えています。
物を見て認識する時は、網膜に映し出された像が視神経を通って脳に伝達されています。

日本人の6割は近視!

なんと日本人6割の人は近視だそうです。以前よりも割合が増えてきているようです。持ち運び可能で長時間使用でにるスマホやゲーム機の注視のせいもあるのでしょうね。

正視では光が角膜から水晶体を通って屈折し、網膜上に像が結ばれることは説明しましたね。
しかし近視になるときちんと網膜上に像が結ばれなくなります。網膜よりも前にピントが合ってしまうので、網膜に映る像はぼやけてしまいます。カメラのピントが合わずぼやけているのと同じですね。

近視には屈折性近視と軸性近視があります。屈折性近視では水晶体の厚みを変える毛様体が伸び縮みできなくなって遠くの物が見えづらくなります。これを仮性近視といいます。筋肉が疲れなどで動きが悪くなっている状態ですので、目を休ませたり訓練することで治る可能性があります。

軸性近視では眼球自体が伸びて卵を横に倒したような形になり、像が網膜上で結ばれなくなります。これはもう訓練などで戻すことはできませんがレーシックなどの手術で矯正できる可能性があります。

近視の人は老眼にならない?

「私は近視だから、老眼にならないって聞いたことあるよ!ラッキー!」

いえいえ、ちょっと待ってください!

老眼(老視)はすべての人に起こるもので、近視だから老眼にならない、遠視だと早くから老眼になる、ということはありません。老眼は、水晶体の弾力が失われ十分に膨らますことができなくなって近くが見えづらくなる、という仕組みです。

30代後半から目は衰え始めて、40代半ばで自覚する人が多いということです。

まとめ

1.目の良い人の見え方
目の角膜から入った光は、水晶体を通り眼球の奥の網膜に映し出される。
2.日本人の6割は近視!
近視の割合は増えている。近視は2種類ある。
3.近視の人は老眼にならない?
誰でもなる老眼現象。

自分は目が良いから、目の悪い人の見え方は想像もつかないと思われる方もいるでしょう。そんな人に一度見て欲しいのが南アフリカのアーティスト、フィリップ・バーローさんの油絵です。

彼は近視の世界を油絵で表現しています。ピントが合わずに幾つもの光が丸く描かれています。輪郭は分かるのですが、人の顔などは分かりません。筆者も近視の矯正をする前はまさにこの状態だったので、彼の油絵を見て思わず共感しました。彼のページに一度アクセスしてみてくださいね!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
めにゅー