シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒青茶色。目の色ってなんで違うの?見え方は違うの?

「自分の目の色は、どうして海外の人と違うんだろう?」

そう疑問に思ったことはありませんか?

海外では派手な金色やエメラルドグリーンの色をした瞳の人がいたりします。

憧れて、カラコンを使った経験のある人もいるでしょう。

それにしても何故、住んでいる地域によって目の色に違いがあるのでしょうか?

どうして人によって目の色が違うの?

人によって目の色に違いが生まれるのには、きちんとした理由があります。

私たちの目には、色がついている部分が存在しまよね。一般的には“黒目”と呼ばれる部分で、中心の瞳孔を除いた部分です。多くの日本人は、茶色っぽいブラウン系の色をしていますね。

この箇所を、医学的には「虹彩(こうさい)」と呼びます。主に、外部から受ける光の量を調節する役割を果たしています。

虹彩には、紫外線から目を守るための「メラニン色素」というものが存在します。もうお気付きかもしれませんが…、そうなんです!このメラニン色素こそが“目の色”の正体なのです!この色素が多ければ多いほど目は黒くなり、少ないほど青や緑の色に近づきます。

つまり目の色に違いが存在する理由は、メラニン色素の量が変化するからなのです。意外とシンプルな理由でしたね・・・!

メラニン色素は、目が太陽の光を受ける時間や光の量によって増えたり減ったりします。

住んでいる場所が違えば、日差しの強さや日照時間が異なりますよね。その結果、人種ごとに目の色に違いが出るといった現象が起きるのです。

目の色と住んでいる地域の関係

それでは住む場所によって、

目の色にどのような違いがあるのか見て行きましょう。

ブラウン

日本人は、濃いめの茶色(ブラウン系)が大半を占めています。黒にしか見えない!という方は、明るい場所でよく確認すると分かりやすいでしょう。メラニン色素が豊富に含まれており、地球上でもっとも多い色合いとされています。

ヘーゼル

ヘーゼルとは、茶色と暗めのグリーンが混ざったような淡い色合いをいいます。そこそこの量のメラニン色素が含まれています。アメリカやヨーロッパに住む人達に多い色です。

アンバー

黄色系の色をした珍しいタイプです。ゴールドもこれにあてはまります。ネコや狼と同じカラーなので、獣の瞳として例えられたりします。南アメリカなどで見かけられるようです。

グリーン

こちらもアンバーと同じく珍しいタイプで、並程度のメラニン色素を含んでいます。アイルランドなど、ヨーロッパの一部の地域で見かけられるようです。

グレー

ブルーに近いタイプで、メラニン色素がブルーより少し多いとグレーになります。ロシアやヨーロッパの一部に多い色として知られています。

ブルー

もっともメラニンが少ないのが青色の瞳をした人々です。フィンランドなど、北ヨーロッパに特に多いといわれています。

目の色が違うと見え方も違うの?

目の色が自分と違う人を見ると、外見上はとっても特殊な感じがしますよね。「もしかすると、自分と見えている世界が違うのでは?」とすら思えてきます。しかし、視界の色に関しては大きな変化はありません。

変化があるのは“まぶしさ”の部分です。

上でも説明したように、目の色の正体である「メラニン色素」は紫外線から目を守るはたらきがあります。メラニンが多いほど太陽の光を緩和させる効果があるので、まぶしさ感じにくくなるようです。

私たち日本人のように目にメラニンが多い人種は、まぶしさを感じにくい体質と言えます。

一方、メラニンの少ない青・緑・灰色などの目を持つ人々は、光をまぶしく感じやすいようです。海外の人がよくサングラスをかける理由の一つと言われています。

まとめ

海外の人の目の色って本当に日本人と大きく違っていて、

人種の違いを感じさせられることがありますよね。

でも、実際にはメラニン色素の量が異なるだけで、目の基本的な作りや見え方は大きく変わらないんです。

知ってみると、目の色の違いなんて気にすることじゃないことがわかりますよね。

広告
めにゅー