シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視力検査以外にも!眼科でできる検査の種類と内容について

目の検査と言えば、Cのマーク(ランドルド環)を使って正しい向きを答える視力検査が有名ですよね。

でも、眼科に行けばそれ以外にも色々な種類の検査を受けることができます!

多くの眼科で行われている検査の方法と内容についてまとめてみました。あなたはいくつ知っていますか?

視力検査

健康診断や免許の更新なんかでお馴染みの視力検査は、みなさん知っていますね。

眼科でも一番行われることの多い検査です。

簡単に内容を説明すると、ランドルト環と呼ばれる「C」のような図形を離れた場所から見て、欠けている方向を片目で当てられるかどうかで視力を確かめます。

使う道具はランドルト環の描かれた検査表とそれを指示する棒、それから目を隠すための遮眼子(しゃがんし)です。

単純に視力を計測するという目的もあるのですが、病気を発見する前段階の作業としてもよく行われます。例えば、網膜や角膜に異常がある時には視力が悪くなってしまうという傾向がみられるそうです。

もちろんその時点で病状は断定できませんが、視力測定のあとにどのような種類の検査を行う必要があるのかの判断材料になったりします。

屈折検査

屈折検査とは、近視や乱視といった目の状態を数値化してその度合いを確かめる方法です。メガネやコンタクトレンズを作る時にもよくこの検査が行われます。

私たちの目は、網膜と呼ばれる目の奥の器官に光を届かせることによって脳に電気信号を伝えて映像を映し出しています。この時、レンズの役割をする水晶体が光を屈折させることでピントを合わせる、というのが目の基本的な仕組みです。

水晶体が光を上手く屈折させられないとピントがずれて物が上手く捉えられず、近視や乱視などの異常を発生させてしまいます。

検査の方法はとしては、目の屈折状況を調べる「オートレフケラトメータ」という機械がよく使われています。大きなマシンの前に座ってあごを乗せるだけのお手軽な方法ですね!

特殊な光を網膜に当てて反射させたものを情報としてキャッチし、健康的な網膜の指標となるデータと照らし合わせることで屈折の度合いを測ります。

眼圧検査

眼圧検査では、眼球の圧力を測定します。緑内障の患者さんが定期的に行うものとしても有名です。

目の中には「房水」という体液があり、水晶体などの器官に栄養を供給したりしています。同時に、液体を満たすことで眼圧を保つのがもう一つの役割です。しかし、緑内障などの病気にかかると房水の量が上手く調整されず圧力が変化します。

よく見受けられるのは「ゴールドマン眼圧計」を使った方法。麻酔となる目薬をさした状態で、目を機械に直接触れさせることで圧力を測るという内容です。他にも、空気を吹きかけて角膜の形の変化を見る、といった種類の検査も存在します。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査は、細隙灯顕微鏡という機器を用いて行う検査です。

患者の目をフルオレセインという蛍光色素で染色し、少し暗くした部屋の中で目に特殊な光線を当てた状態で目の中を観察します。顕微鏡といえば、理科の実験などでお馴染みですよね。

みなさんがよく知っている顕微鏡と同じように、拡大しながら目の状態を隅々まで確認します。

瞳孔や結膜はもちろん、後方にある網膜までほぼ全てを診ることができるそうです。

まとめ

以上、眼科で受診できる4種類の検査をご紹介しました。

内容を見て「自分もやった事がある検査だ!」というような検査もあったのではないでしょうか?

何気なく受診するのではなく、仕組みや目的を理解することで医師とのコミュニケーションも変化するはずです。

検査内容の知識を身に付けて、安心で納得の行く受診を目指しましょう!

広告
めにゅー