シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【疲れ目にならない為に】目の疲れを防ぐためにすべき4つのこと!

目の疲れを意識して生活していますか? 視力から手に入れる情報量は約80%とも言われています。 疲れ目になったり、大切な視力を失わないためにも目の疲れを防ぐ事を意識して生活しましょう!

同じ作業を長時間しない

立体型アイマスク ナイトブルー

目の疲れを防ぐ一番簡単な方法は、目を長時間酷使しないということです。 ずっと同じ作業をしたり、細かな文字をずっと読んだり、 スマホの小さな文字を長時間読んでいれば目に無理な力がかり、 眼精疲労へなってしまいます。 眼精疲労の症状として、 目が充血する、痛みが走る、しょぼしょぼする、まぶしく感じるなどの症状がでてきたら要注意。

それでも無理に小さな文字に焦点を当てて見ようとすればするほど疲労がたまり、疲れ目になったり、視力を損なう事に。 文字を見ようとすればするほど前のめりになり、 その無理な体勢が肩こりや頭痛の原因になる場合もあるでしょう。

目を長時間酷使するような生活をしている方は 1時間ごとに5分ほど休憩を挟むなど、 目を休ませてあげる時間を作るようにしましょう!

ドライアイに気をつける

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

次に目の疲れを防ぐ方法としては、ドライアイを防ぐということです。 先ほどの休憩も大切ですが、例えば休憩をとれなくても、 瞬きの回数を増やす、目薬を定期的にさす、集中しすぎない、等を意識することで 適度に目を潤し、目の乾きからくる目の疲れを改善できます。

目を閉じることばかり紹介していますが、目を閉じる事こそ目を休ませてあげること。 一番簡単にできる目の疲れを防ぐ方法なのです。

目の乾きや痛み等が酷いときには、 蒸らしたタオルを閉じた瞼の上に置き、まぶたを温めるのも不快な症状を改善できます。 ほどよいスチーム効果が期待でき、目の乾燥を改善できます。

ストレスをためないようにする

[ニューバランス] new balance ランニングシューズ M630 2E (16春夏) M630 2E (16春夏) GO4 (グレー/オレンジ(GO4)/28)

目の疲れを防ぐ方法としてもうひとつ。 ストレスを解消することも大切です。 日々のストレスを上手く発散できずに、ずっと仕事し続けていればストレスは溜まる一方です。 また、同じ体勢をしていることで血行不良や、高血圧にもなりやすく、 それらが様々な目の病気の要因にもなることがあります。

ストレスは目の衰えを加速させることにもなり、 いまは視力の良い人でも視力の低下や目元が痛むという症状が表れやすくなります。 運動後のフレッシュな状態だと目がぱっちりと見えるようになるのは、 やはり血の巡りが良くなった事も影響しています。 運動もせずに血行不良のままでいれば、目の疲れやすさは、最悪な状態。

もし運動もできず長時間座って前のめり状態のせいで肩や首が痛いなら、 定期的に状態を後ろに反らし、背中を伸ばしたりする座ってできるストレッチを取り入れるようにしましょう! 血流の悪化、神経の不調、肩や首の疲れはダイレクトに頭にある器官に影響を与えます。

目の毛細血管だって、心臓から身体を伝って血液が流れているのですから。 目の疲れを防ぎたければなら血行不良を改善し、 心身ともに晴れやかにし、ストレスも解消しましょう。

ブルーライトをさける

Acer Liquid Z200 Android 4.4 / AndroidデュアルSIM&SIMロックフリー / 4inch ディスプレイ / RAM 512MB / ROM 4GB

目の疲れが発生する原因として、時代的なもので、 眩しいテレビやスマホの画面をずっと見てしまっている事が大きく影響しています。

テレビやスマホは面白く、ずっと熱中して観てしまうことが多いでしょう。 楽にストレスを解消できているように感じているかもしれません。 しかし、よーく考えれば目に懐中電灯の光を当て続けているようなもの。 ちょっと言いすぎかもしれませんが。笑

もう少し、健康的な趣味を取り入れてスマホやテレビに頼らない、 楽しい暮らしを考えるなどの工夫を取り入れることで目の疲れを防ぎましょう! それでもスマホやパソコン、テレビを見たいという方は、 少なくともブルーライトカットの方法だけは覚えておきましょう。 少しは目に対する悪影響を減らせるかと思います。

広告
めにゅー