シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ものもらい?まぶたの腫れはどうすればいいの?

身近な人に眼帯をかけている人を見かけたことはありませんか?

何か重大な病気を抱えているのかと、心配になってしまいますよね。

しかしながら話を聞いてみると、大半の人は「ものもらい」という目の病気で眼帯をつけています。

一体、どんな症状なのかみていきましょう。

ものもらいとは?種類と症状について

ものもらいは、プクッと膨らんだようなまぶたの腫れができてしまう目の病気です。

上のまぶたにも、下のまぶたにもできる可能性があります。外傷などではなく、まぶたの中に膿ができると言う特殊な症状です。

このような目の症状には、大きく分けて2種類の病気があります。

まぶたに脂肪が詰まってしこりができる「霰粒腫」と、もう一つは「麦粒腫」というものです。

中でも患者数が多く、悩みを抱える人が多いのが、後者の「麦粒腫」です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、細菌が感染してまぶたの腫れが起きる病気です。

まぶたには脂や汗を分泌する腺があるのですが、そこから細菌が感染し膿がたまって炎症を引き起こします。

初期症状としては、目の違和感やかゆみを感じるのが特徴です。放っておくと、痛みが出てくるばかりか、まぶたが開けにくくなってしまう厄介な病気です!

まぶたの腫れの原因は何なの?

それでは何故“まぶたの腫れ”が生じてしまうのでしょうか?

麦粒腫は細菌によって引き起こされるので、目に菌を入れるような行為が症状を引き起こしてしまいます。

それも日常生活で触れる可能性の高い“常在菌”と呼ばれる、メジャーな種類の菌でも感染する可能性があるので驚きです。

目をひたすら触ってしまうような人は、リスクが大きくなるので注意です!健康的な人であれば、ちょっとしたことで感染することはなく、体の抵抗力が生まれつき弱い人、もしくは病気などで抵抗力が弱まっている人がなりやすいといわれています。また、ストレスも原因になることがあるようです。

まぶたの腫れを治すにはどうしたらいい?

ものもらいは基本的に、専用の目薬を使って時間をかけてじっくりと炎症を抑えて治療していきます。

軽い症状であれば、市販の抗菌用の目薬を使い続けるだけで治ることも!

症状が進行してしまうと中に出来た“膿”を手術で取り除く必要がでてきます。

眼科の先生に「すぐに取り除いて欲しい!」と言いにくる人が多いようですが、腫れあがってしまっている状態では麻酔が充分に効かないので、まずは点眼薬でまぶたの腫れを抑える所からスタートするようです。

日常生活では、目を覆う眼帯を付け菌を寄せ付けないようにするのがベストです。

ただし、眼帯をつけたままにすると中が湿って菌が繁殖しやすくなるので、つけ外しを繰り返すのがポイントです。

コンタクトレンズが感染ルートとなっているケースもあるので、使用自体を中止するか、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

ものもらいは、悪化してしまうとすぐに治る病気ではないので、早期発見ですぐに対策・治療を行うことが重要です。

まぶたが変な感じがするな…と違和感を覚えたら、病院へ行き、目の周りの衛生環境を整えましょう!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
めにゅー