シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まゆげ・まつげ・まぶたは何で必要?それぞれの役割を解説!

人間の目の周りには、まゆげ・まつげ・まぶたがありますが、何のために存在するのか疑問に思ったことはありませんか?

まゆげを剃ったり、まぶたを二重にしたりなど見た目に影響を与えることはよく知られていますよね。

それでは、日々の生活を送る上で果たしている役割にはどんなものがあるのでしょうか。

まゆげは何のためにあるの?

おでこと目の間に生えている、私たちのまゆげ。

昔は男女ともに太まゆの人が多くいましたが、近年では剃る人が増えてきましたよね。でも実は、まゆげは見た目を変える他にも機能的な役割を果たしています。

暑い時期や運動後には、額から多くの汗をかきますよね。

時には、汗がしたたり落ちることも…こんな時、まゆげがなかったらどうなるでしょうか?目の中に汗が入ってしまいますよね!そうです、まゆげは汗を受け止める機能を果たしているんです。

また、日差しなどがまぶしいと感じた時にまゆげを下に動かすことってありませんか?微かな効果ではありますが、まゆげの位置を下げることで目に入る光を遮ることにも貢献しています。

まつげは何で必要なの?

人間のまぶたの先には、まつげと呼ばれる毛が何本か生えていますよね。チャームポイントは?と聞かれて、このまつげと答える人がいたりします。

しかし、こちらもまゆげ同様ただの飾りではありません!

まつげには、小さなホコリやゴミなどが目に侵入するのを防ぐ役割があります。目のすぐ上に多くの毛が生えていることで、目の中に異物が入り込んで傷がつかないようにしてくれているんです。目はデリケートな器官なので、こうした小さな役割がとっても重要なんですね。

周囲の動きに敏感に反応する“動物のヒゲ”のような特徴もあるので、瞬時に危険を察知する機能も持っています。もしまつげが生えていなかったら…目にゴミや虫が入り込みやすくなり、外をまともに歩けなくなってしまいます!

まぶたの役割って何なの?

パチパチとまばたきをする時なんかに、開けたり閉じたりしているまぶた。二重に憧れて整形する人もいるほど、ビジュアルにも大きな影響を与える部分ですが、こちらもいくつかの機能を持っています。

まぶたを閉じずにずっと目を開けていると、乾燥して目が痛くなってきますよね。目は乾燥に弱い弱点があるので、常に水で潤わせておく必要があります。まぶたは主に、この潤いを与えるはたらきをもっているんです。

まばたきをすることで涙腺が刺激され、目に涙が送られてきます。水分とともに酸素や栄養も運んでいるので、肺で呼吸をするのと同じような、大切な役割を果たしているのです。

また、強い光が目に入らないようにフタをするような効果もあります。閉じるだけで光をシャットアウトできるカーテンのような使い方ができるので、瞬時にまぶしさを軽減できます。

まとめ

まゆげ・まつげ・まぶたといえば、見栄えのことばかり注目してしまいがちです。

しかし、上記のように日常生活で役に立つ様々な機能を有しています。

毛のカットや整形を考えている場合には、本来の役割を損なわない程度に行うよう注意してくださいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
めにゅー