シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の疲れを軽減するための簡単にできるマッサージ

パソコンスマホを長時間使用していると、目が疲れてしまいかすみを感じたり、目が重くなったり。ひどくなってしまうと、首コリや肩こりを感じてしまいます。また本当は目が疲れているのに、実感できていない人もいるかと思います。

目の疲れから体の不調を引き起こすこともあります。自分で思っている以上に目は疲れています。

そこで今回は、目の疲れを軽くするマッサージをご紹介していきたいと思います。

目の周りの筋肉を緩めよう!

目の疲れの原因は、目の周りの筋肉が緊張していて血行不良になっている状態が原因の一つです。そこで目の周りの筋肉の緊張をときほぐして、筋肉を緩めてあげると目の周りの血行が良くなります。

簡単『目のマッサージ』〜マッサージ前の準備〜

 ストレッチを行う前には、ホットタオルで目の周りを温めてからストレッチを行いましょう。ホットタオルをすることで目の疲れをより取ることができます。

ホットタオルを目に当てます。ホットタオル上から目を覆うように、手を軽くホットタオルの上から目全体を軽く10秒ほど押さえます。指先ではなく、手の平で押すと面として圧がかかるので、気持ちが良いです。

次に顔の中心から外側へ徐々に力を移動させていきます。最後にこめかみあたりをぐっと押さえます。

簡単『目のマッサージ』〜マッサージ〜

仕事中でも簡単にできるマッサージです!

1.肘をテーブルに立てます。

2.眉頭を親指と人差し指で掴みます。
この時右と左でつまんだお肉の厚みが違うと思います。老廃物が溜まっている方が厚みを感じます。

3.眉毛の下の部分(親指)から頭蓋骨の骨を感じます。
骨のくぼみを感じながら親指を引っ掛けて、親指に軽く力を入れて眉頭を3秒押します。(力の方向はおでこに向かって)

注意点は、眼球を押さないことです。

4.指一本分ずらして、眉尻までゆっくり押さえていきます。

5.こめかみを親指で3秒押さえます。

6.次に目の下側の筋肉を緩めていきます。
目頭の指一本分下を中指で軽く押すと骨を見つけることができます。その骨にそって眉毛の時と同様に、3秒間軽く力を入れて押します。

7.指一本分外へずらして目じりまで押していきます。

8.目尻まで押せたらこめかみをプッシュします。

まとめ

仕事の休憩時にもできる簡単なマッサージですので、目が疲れたかも?と感じたら一度試してみてください。また朝お化粧前にこのマッサージを行うと目の周りの血行が良くなり、メイクがうまく仕上がります。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
めにゅー