シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【人体の不思議】悲しいときは何で目から涙が出るの?

悲しみに襲われたときに目がジワっと熱くなって涙が出てきますね。筆者は悲しいニュースを耳にしただけでも涙が目に溜まってしまうタイプです。

悲しくて涙が出る…これはなぜでしょう?実は、その疑問については科学的に解明されていないのです!しかも人間だけが感情の動きとともに涙が出ます。

不思議だと思いませんか?

涙には種類がある

私たち人間が流す涙には3つの種類があります。

①目を潤し続ける為の基礎的な涙
②玉ねぎを切った時や目に砂が入った時など、物理的刺激に対する涙
③感情が昂った時に出る涙

ご存知のように、目は常に潤いが必要なので、何もしなくても少しずつ涙を出しています。また目に物理的刺激が加われば、それを外に出そうとして涙がでますね。

さらに、悲しみに襲われた時に流す涙は③ですね。「感情」と言っても、悲しい時、嬉しい時、笑いすぎた時、怒った時など色んな感情があります。ではなぜ悲しいと涙がでるのでしょう?

悲しいときは何で目から涙が出るの?

現在最も有力な説とされているのが、悲しい感情の時には、ストレスにより有害な物質がたまるのでそれを涙で外に出す、というものです。

有害な物質というのは、コルチゾール、プロラクチン、ACTHなどです。ストレスを感じるとこれらのホルモンが分泌されますが、泣くという行為によって涙とともに排出されます。こうしてストレスを実際に外に出す為、泣くとスッキリするんですね。

泣くことが一番のストレス解消法

感情が昂って涙がでる時は、交感神経が優位になっています。交感神経の末梢にある涙腺が刺激されて涙がでるんですね。

一方泣いた後は、自律神経がバランスをとろうとして、逆に副交感神経が優位になります。すると、

・良い眠りを誘う
・筋肉をほぐす
・精神を鎮める

などの効果があり、体をリラックスに導きます。

また、涙で有害な物質を排出するとともに、脳内でエンドルフィンを分泌します。エンドルフィンは脳内麻薬と言われるほど、ストレスや痛みを感じにくくする作用があります。
このような理由で、泣くことは一番のストレス解消法と言われているんですよ。

まとめ

1.涙には種類がある
涙には3種類ある。
2.悲しいときは何で目から涙が出るの?
体に溜まった有害な物質を涙で流すため。
3.泣くことが一番のストレス解消法?
泣くことで副交感神経神経が優位になりリラックス。脳内麻薬もでる。

泣く事でデトックスしようとする涙活(るいかつ)はこのような仕組みだったんですね。納得…。
確かに我慢せずに泣くと、その後はさっぱりします。逆に泣くまいと我慢すると余計にストレスがたまる気がしますね。
涙活で検索すると「絶対泣ける映画」「泣いてすっきりする音楽」などが沢山ヒットします。皆さんも泣ける映画や泣ける音楽でストレス解消してみるのはいかがでしょう?

広告
めにゅー