シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の検査やトレーニングなどを行う視能訓練士の仕事とは

「視能訓練士」を目指そうと考えているけど、詳しい仕事内容や年収が分からなくて悩んでいる…という方もいるのではないでしょうか。

メジャーな職業ではないので情報収集は大変だと思います。

そこで、基本的な業務内容や視能訓練士のなり方、給料など気になる情報をまとめてみました!

視能訓練士の仕事内容は?

視能訓練士は、人々の目が健康的に機能するよう眼科などでサポートを行うことを目的とした国家資格技術者です。

仕事内容は、簡単な検査から本格的な指導まで多岐に渡ります。まさに目の健康を直接指導する“目のリハビリ先生”のような存在です。

仕事の内容としては、

・一般の視力検査や乱視の有無を確認する検査をする。

・眼圧検査や角膜形状検査を行う。

・子どもたちを対象とした定期的な目の健康診断。

などなど。

特徴的な業務といえば、両目を正しく扱えない「斜視」や、目の成長が止まってしまう「弱視」の患者さんの目の機能改善に関わることも。

時には、お年寄りの傍で専門的な目のリハビリ指導を行うこともあります。

人とコミュニケーションを交わしながら行うお仕事になるので、専門的な知識と丁寧な指導力が必要です。

視能訓練士になる方法!

視能訓練士になるためにはどうしたらいいのかを紹介します。

最終的には視能訓練士国家試験に合格する必要がありますが、機能訓練士国家試験への受験資格を手に入れる為にまずは、

国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

(A)
高校を卒業し、都道府県知事指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得する。

(B)
大学で厚生労働大臣の指定する科目を修めて卒業する。

(C)
大学・短大で2年以上あるいは看護師・保育士養成施設で2年以上修業し、厚生労働大臣の指定した科目(英語、心理学、保健体育の3科目のほか、教育学、倫理学、生物学、精神衛生、社会福祉、保育のうち2科目)を履習し、指定の養成施設で1年以上必要な知識と技能を修得する。

(D)
外国の視能訓練士に関する学校もしくは養成施設を卒業、また外国で視能訓練士の免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が知識技能を有すると認定した者。

引用元:看護医療進学ネット

といったルートがあるようです。

私ならば、高校を卒業して養成施設に入る道を選びます!
1つの養成施設で済むから一番シンプルじゃん!って思ってるだけですが^^;笑

その後、国家試験を受けて無事合格することができれば晴れて訓練士として病院等で働けるようになります。

年に1度しか実施されない国家試験なので、十分な準備をした上で心して臨みましょう。合格率は各年度を平均すれば90%位と高めですが、73.5%にガクッと落ちた年もあるので油断せずに幅広く勉強することが大切です。

気になる視能訓練士の平均給料は?

視能訓練士は医療系のお仕事ということもあり、給料を期待する方も多いはず。

一体、どのくらい稼げるのでしょうか?

まず平均年収ですが「日本視能訓練士協会」の公開資料によると、390万円台となっています。

月収にすると、大体20万円前半の計算です。

医療系のスペシャリストというだけあって、それなりの給料は約束されているように見受けられます。

しかし当然、勤務先によって仕事内容や給与形態は大きく違ってくるのでよく比較検討することが大切です!

最も給料が期待できるのは、私立大学病院といわれています。国公立病院も給料が高い傾向にあるようです。一般の眼科や診療所は年収が300万円位に落ち付く所もあるので、この辺りは自分のライフスタイルと相談して決めていくべきですね。

まとめ

視能訓練士は目のスペシャリストであり、目に関する健康指導を行う立場です。

詳しい知識を身に付けることはもちろん、コミュニケーション能力も必要不可欠。

小さな子どもだけでなく、最近では高齢化によってお年寄りの患者さんも増えているので、丁寧な接し方も身に付けておくと良いですね。

広告
めにゅー