シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄り目や離れ目ってなんでなるの?理想の目にする治し方は?

寄り目や離れ目で悩んでいる方はいませんか?

目の位置がズレていると、どうしても他人の目線が気になってしまうものですよね…。

治したい!と考えている方も多いはずです。

それでは、どういった治し方があるのでしょうか?

寄り目・離れ目の正しい知識と共に、治し方をご紹介します。

どうして寄り目・離れ目になるの?

人間の黒目は通常、目の中心部分にありますよね。しかし、人によっては黒目の位置がずれてしまうことがあります。黒目が内向きになってしまうことを「寄り目」、外向きになってしまう場合を「離れ目」と呼んだりします。こうした症状を、お医者さんの間では「斜視」と呼んでいます。

斜視は生まれつきがほとんどだと言われており、その半分以上が「寄り目」になっている方だそうです。左右の目の筋肉がバランスを取れなくなることで症状が出るのですが、明確な関係性は分かっていません。後天的なケースとしては、パソコンやテレビを近い距離で見すぎることで寄り目になってしまうことなどが確認されています。

ただ、大人になって外見を気にし始めてから斜視に気付くパターンが多く見られます。後天性だと思っている人の場合も、生まれつき持っていた斜視が目に負担をかけたことで悪化したという方が多いようです。

治す方法はあるの?

結論から言うと、寄り目や離れ目は治る可能性があります!ただ、すぐに誰もが効果を実感できる訳ではありませんし、病院に行けば100%治るという訳でもありません。ここでは、自宅でできるトレーニングと病院で治療する方法に分けて治し方を紹介します。

・トレーニング

斜視は、目の筋肉がバランスを取れていないことが原因で起こります。つまり、筋肉を矯正してバランスを取る訓練を行えば良いのです。正常な方の目を手などで隠しながら、斜視の目の筋肉を集中的に鍛えるような形を取ってください。寄り目の方は遠くを見ることで改善されます。この時、黒目の向きが外向きになるよう意識するのがポイントです。

・病院での治療

病院では、目の筋肉の位置を動かす手術を行うことで改善される場合があります。麻酔を打つので痛みはほぼ問題ないのですが、デリケートな部分の手術となるため期待通り完璧に成功する確率はあまり高くなく・・・。成功した後も定期的な検査を受ける必要があり、症状と付き合いながら生活する形になるようです。

寄り目・離れ目でも大丈夫!

目の位置が人と違うというのは、不安を覚えてしまうものですよね。見た目にコンプレックスに感じている人もいるかもしれません。でも、深刻な症状につながるような病気ではありませんし、同じ症状を抱えている人は少なくありません。実はジャニーズ系のアイドルや女優の中にも、寄り目・離れ目になっている人はいるんです!

手術をする治し方もありますが、目の可愛さやカッコよさだけが人生に大きな影響を与える訳ではないでしょう。軽度な斜視の見た目を心配するくらいなら、髪型や服装に気を遣い、コンプレックスを克服する方がよっぽど大切です!

まとめ

寄り目や離れ目の治し方はいくつかあるものの、

小さい頃からの生まれつきで目が偏っているケースが多く、すぐに治るものではありません。

生まれ持った自分の個性の一つとして受け入れ、

いつもと変わらない日常を歩んでみるのも良いのではないでしょうか?

広告
めにゅー