シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Android、IOS】スマートフォンの簡単ブルーライトカット方法

誰しもが持っているといっても過言ではないスマートフォン
TwitterやFacebookなどのSNSが流行し、現代人にはなくてはならないものになりました

しかし、その一方でスマホを見ることによる目への負担が心配されています。
スマホの触りすぎで目が痛いと感じることも多いと思います

なので今回は、
目の痛みを強くしていると言われている画面から発せられるブルーライトをカットする、便利なアプリを紹介します

また、AndroidとIOSの両方を紹介したいと思いますので、ご自身の使用スマホによって参考にする文を変えてください
※IOSとはIphoneやIpadのことです※

Androidのブルーライトカットの設定

今回紹介するのは無料で使用することができる「ブルーライト軽減フィルター~ブルーライトはアプリで対策!」です。
スマホから当記事を見ている場合、インストール画面に移ってしまうため、先に設定方法を紹介し、
最後にインストール画面へのリンクを貼ります

※画像をタッチすることで拡大表示されます※

eye_sumaho_1

1.「インストール」をタッチ

eye_sumaho_2

2.「同意する」をタッチ

eye_sumaho_3

3.インストール中のため、下記画像が表示されるまで待つ

eye_sumaho_4

4.「開く」をタッチ

eye_sumaho_5

5.「同意する」をタッチ
(この時点でブルーライトは30%カットされた状態になっているため、画面に黄色みが帯びていることがわかると思います)

eye_sumaho_6

6.ブルーライトの光量を調整することができます。
%が大きくなるほどブルーライトをカットしていることになります。
赤枠で囲った部分をタッチしたり移動させることで、%を変更させれますので、
見にくくならない程度に設定しましょう。
また、黄枠で囲った部分をタッチすることで、ブルーライトカット機能のON/OFFができます

以上がAndroid用のブルーライトカットの方法です。コチラをタッチすると、
1のインストール画面に移ることができますので、設定してみてください

IOSのブルーライトカットの設定

IOSもAndroidと同じく、ブルーライトカットのアプリは存在したのですが、ブラウザ(インターネット)使用時にしかブルーライトカットができないなどの制約があったたため、IOSの機能でブルーライトカットできる方法を紹介します。

1.「設定」をタッチ

2.「Night Shift」をタッチ

3.「手動で明日まで有効にする」をタッチ

以上の手順で画面の色が変わったことが分かるかと思います。

3.の手順を時間指定にしておき、8時00分~7時59分などに設定することで、ほぼ全時間帯でブルーライトがカットできるはずです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
めにゅー