シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【疲れ目改善】目が疲れにくいメガネをスマホと共に携帯しよう!

パソコンやスマホをいじる時に、目が疲れてしまうことありませんか?

そんな現代社会の目の疲れに対して、目が疲れにくくなるメガネを今回紹介したいと思います。

メガネは目が悪くなったからかけるものだと思っていませんか?昔はそうだったかもしれませんが、現在は色々なメガネがでてきており、メガネは目を疲れさせないためのアイテムにもなっているのです。

疲れ目の対策として目が疲れにくいメガネをすることで、パソコンやスマホライフをより充実したものにしましょう!

目が疲れやすい主な原因って何?

小難しい話をすると、人の目には毛様体筋を使って水晶体という透明なレンズを厚くしたり、薄くしたりすることで焦点の位置をかえる調節能力と呼ばれる機能が備わっています。

若かりし頃は、焦点の位置をかえる調節能力が衰えていないため、遠くも近くも自由自在に、自然とピントを合わせることが出来ます。多少目を酷使したところで、目が疲れた~!となるほどの疲れを感じることにはならないでしょう。

ですが、年を重ねるごとに調節能力は衰えていきます。特に40代を超えたあたりから近くを見るのに支障をきたすようになってしまうほどに・・・。調整能力が衰えてしまうと、焦点を合わせるのに今まで以上に目が頑張る必要がありますので、必然的に疲れてしまいます。これが目が疲れる主な原因となっているわけです。

このことを考慮せず、目を酷使した作業を続けてしまうと、40代どころか30代でも疲れ目になりやすい目を作る原因となってしまいます。

作業距離に合わせたメガネで疲れにくい目になる

疲れ目になりやすい目を作らないためには、普段からメガネをかけている人もかけていない人も、40代を超えたあたりでパソコンやスマホとの作業距離に合わせたメガネを作ることが必要です。

というのも、よくある遠近両用のメガネはパソコンには不向きであるためです。遠近両用メガネは本やスマホなど、目線を下げて見るものには適していますが、正面から視る上では遠方度数が働いてしまうため、主に座りながら正面を向いて作業するパソコンには適していないのです。

メガネを買う時は、視力だけで度数を意識するのではなく、自分のライフスタイルに合った目が疲れないメガネを選択しましょう。

ブルーライト対策で疲れ目の原因を軽減

Cyxus 青色光 カットめメガネ [透明レンズ ] 軽量型 男女兼用

パソコンやスマホの画面から発光されるブルーライトって知ってますか?

ブルーライトとは可視光線(人の目に見える光)の中でも380~500nmの波長の光で、網膜まで届く強い光のことをさします。ブルーライトはエネルギーが非常に強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間パソコン作業をすると視界のちらつきや眩しさを感じる原因のひとつとなります。それにより目の疲れを生じたり頭痛の原因にもなったりするといわれています。

こんな厄介なブルーライトの対策も、ブルーライト対策用のメガネを使用することで光量を抑え、目の疲れを軽減させることができます。まだ若くてメガネが必要ない人でも、今はスマホやタブレット、電子機器の普及によりブルーライトの影響を受ける事が多い時代なので、ブルーライト対策のメガネを1本、持っておくことをお薦めします。

また最近では、度入りのブルーライトカットメガネも販売されていますので、視力が低下している人も安心してください。

ピンホールメガネでピントを調整!

Leetaker ピンホールメガネ 遠近兼用 男女兼用 ブラック 黒 [並行輸入品]

ピンホールメガネって、初めて聞いた方も多いかもしれません。

メガネに小さな穴が開いており、その小さな穴から物を見ることで焦点が合いやすくなるとのことです。ピンホールメガネの原理については、【効果なし?】ピンホールメガネの正しい使い方とおすすめ商品をご覧ください。

ピンホールメガネをかけた状態で、目のトレーニング(左右に動かしたり、目をつぶったりなど)を実践することで、視力回復したとの情報や、目が疲れにくくなったとの情報があります。

私自身ピンホールメガネを使ったことは無いのですが、今回が良い機会と思いますので、100円均一に行って買ってこようと思います。

感想などはまた追記していきますが、ピンホールメガネは100円均一でも売ってる物なので、効果が少しでもあれば儲けものぐらいに考え、疲れ目で悩んでいるなら実践してみることをお勧めします。

まとめ

今回のテーマは目が疲れにくいメガネということで、ピント調節を助けるメガネとブルーライトカットメガネ、ピンホールメガネを紹介してみました!

それぞれ購入できる場所を紹介して終わろうと思います。

・遠近両用メガネ
⇒眼科に行き、頂いた処方箋をもとにメガネ屋さんで作ってもらう
・ブルーライトカットメガネ
⇒家電屋さん、Amazonや楽天でも取り扱っているため、度付きでなければネット購入がお勧め
・ピンホールメガネ
⇒本屋さん、Amazonや楽天でも取り扱っているため、ネット購入がお勧め

目は一生もの。疲れる前に早めの対策をしておきましょう!

広告
めにゅー